SUSPCA 持続可能社会のデザイナーをめざして
Loading
ディレクトリ
Top協会の紹介
ご相談窓口アクセス

TOP
協会の紹介
コンサル業務発注のご案内
イベント
スケジュール
発行図書
研究活動
会員一覧
入会案内
関連団体のリンク
ご相談窓口
アクセス

協会の紹介

運営組織運営組織役員紹介情報公開

協会のあゆみ

協会の事業

会員

第4期持続可能社会のデザイナーを目指して協会誌目次


データを参照される場合は『Adobe AcrobatReader 』をダウンロードしてください。
すでに使用されている場合はダウンロードの必要はありません。

ADOBE READER ダウンロードAcrobatReader をダウンロードする。

協会のあゆみ

昭和58年(1983年)9月

厚生省の助言により「廃棄物計画懇談会」の名称で会員数39社により発足しました。

昭和61年(1986年)5月

名称を「日本廃棄物コンサルタント協会」と改称しました。

平成6年(1994年)10月

「社団法人日本廃棄物コンサルタント協会」として厚生大臣より公益法人の許可を受け会員数66社で発足しました。

平成24年(2012年)4月

法人改革に伴い「一般社団法人日本廃棄物コンサルタント協会」として、再出発しました。

令和元年(2019年)5月

「一般社団法人持続可能社会推進コンサルタント協会」に社名変更をさせて頂きました。


ページトップへ

協会の事業

この協会は、「安全・安心」を基盤とした「循環型社会」、「低炭素社会」、「自然共生社会」の推進に関わるコンサルタント業務の技術水準の向上を図るとともに、関連するコンサルタントの社会的地位の確立ならびに経営基盤の強化によりその健全な発展を図り、もって持続可能な社会の推進に貢献することを目的とする。

    • 持続可能な社会の推進に関する要素技術・マネジメント技術の調査研究
    • 持続可能な社会の推進に関する要素技術・マネジメント技術の普及啓発
    • 持続可能な社会の推進に関わるコンサルタント技術者の人材育成
    • 持続可能な社会の推進に関わるコンサルタント業の発展・改善に資する事業
    • 持続可能な社会の推進に関わるコンサルタント分野の国際協力の推進
    • 会報、調査研究成果その他の印刷物の刊行及び広報活動
    • その他この協会の目的を達成するために必要な事業

ページトップへ

会員

会員は、正会員および名誉会員で構成しています。

    • 正会員:本協会の目的に賛同して入会したコンサルタント業務を営む法人
    • 名誉会員:この協会に功労のあった個人で、総会において推薦された者

正会員は、資本金1千万円以上の株式会社であって、廃棄物関連のコンサルタントとして豊富な経験と技術を持ち、相当の業務実績を挙げ、かつ、本協会の目的達成に寄与し得るとして正会員2社の推薦と理事会の承認を得た法人です。


ページトップへ